pixta_18727386_M

しわの悩みにお奨めの切らないリフトアップ術3選

しわの悩みは年齢と共に増えていきます。
とはいえ顔にメスを入れるのは怖いですね。
そんな人たちにお奨めなのが?
昨今注目されている切らないリフトアップ術です。
主に美容皮膚科などで行われています。
ちょっと敷居が高そう?
しかしカウンセリングだけでも受けてみましょう。
希望の光が見えてくるかもしれません。

■美容皮膚科がお奨めです
男女を問わず、しわの悩みは尽きないでしょう。
もちろん人生の年輪!
しわの深さが人間の深さを示している!
とはいえ現実があります。
他人から年齢以上に老けて見られることもあるでしょう。
気持ちが萎えると?
身体の老化がよけいに進行します。
この悪循環を断ち切りたいですね。
そのためには何かを始める必要があります。
具体的にはどうするか。
当然ですが不摂生を正し適度な運動を地道に続けることが一番です。
それでも目標が欲しいですね。
こんな自分になれるなら頑張る!
それを実現するのが美容皮膚科で行われているリフトアップ術です。
初めての人なら?
技術進歩に驚きます。

■切らずにできる3つのリフトアップ術
しわやたるみの解消法として?
切らないけど即効性のあるリフトアップ術は次のとおりです。

1.糸を使ったリフトアップ
糸を使ったリフトアップ術では小さな切れ目が入ります。
しかし整形ほどの怖さはありません。
傷痕が残ることもほとんどありません。
気になる部分の皮膚や筋肉を糸で引っ張ります。
したがって術後直ぐに効果が実感できるでしょう。
ちなみに使われる糸は2種類あります。
ひとつはポリ乳酸などが原料となっている溶ける糸です。
故にリフトアップ効果が少しずつ失われていきます。
とはいえ別のしわ対策を並行すれば?
しわが目立つこともなくなります。
もうひとつはポリプロピレンなどが原料となっている溶けない糸です。
こちらは半永久的に糸が残ります。
効果が長続きします。
ただし異物が入っている?
違和感を覚える人は控えた方が良いかも。

2.レーザーによるリフトアップ
美容界の主流は医療用レーザーです。
しみやあざ、ニキビ痕を消すことができます。
そしてしわやたるみの除去!
すなわちリフトアップにも応用できます。
基本的な原理は?
レーザーによってお肌に刺激を与えます。
するとお肌の新陳代謝が進みます。
活力がアップするので内側からお肌の張りが出てきます。
総体的にしわが伸びていきます。
なおレーザーの他にも高周波や超音波を使った施術法もあります。
お肌の状態によって効果も違ってくるでしょう。

3.注射によるリフトアップ
とりあえずなんとかしたいなら?
注射によるリフトアップがあります。
例えばヒアルロン酸やボトックスを悩みの部分に注入します。
物理的に膨らみができます。
それによって皮膚、すなわちしわが伸びていきます。
なおこれらの薬剤は徐々に体内に吸収されていきます。
そのため効果は数カ月から半年程度です。
故にリピーターも多いようです。
整形するのは気が引ける?
とはいえ何かを試してみたいなら?
プチ整形がお奨めです。

■整形手術は最後の手段
もちろん最後の手段はメスを入れる整形手術です。
とはいえ昨今の技術であれば?
傷が目立つこともありません。
日帰り手術もありますが、1週間程度の余裕を持った方が安心です。
そこまで放置してしまったなら?
どこかで妥協するか諦めるべきです。
しかし一念発起して体質改善に努めるか?
何歳になっても遅すぎることはありません。

■最後に注意点を
今の美容技術を使えば?
誰もがその成果に驚くでしょう。
とはいえ注意点もあります。
例えば術前に体調を整えておきましょう。
また持病があれば治しましょう。
服用している薬やアレルギーなどがあれば?
カウンセリング時に必ず伝えておきましょう。
一方で術後のケアも大切です。
特に保湿如何でお肌の状態が変わってしまいます。
さらなるしわやたるみを防ぐための運動やストレッチ、マッサージなども始めましょう。
何らかのトラブルの多くは?
患者さん自身が作っているかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP