010

ハゲをなんとかするための5つの方法

1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユーザーの投稿が話題を呼んでいるようです。
それは、若い時に毛染めをしたがために薄毛で悩んでいるとの事。毛染めはドラッグストアで簡単に入手出来ますが、一方のリアップは一本数千円はします。
安売りをしていれば数百円程度で簡単に毛を染められる一方、そのおかげで薄毛で悩む事になってしまったら数千円の育毛剤を購入しなければいけなくなるとの事です。
確かに、いわゆる「ハゲ」で悩んでいる人は大勢いるかとは思いますが、ハゲを改善する方法はないのでしょうか。それをいくつか挙げてみるとします。

・食生活の改善

ハゲという言葉は少々厳しいですが、言い換えれば「髪の毛や地肌の不健康」でもありますので、栄養が足りていない可能性があります。
偏った食生活や暴飲暴食を続けていては、当然ですが髪の毛にも影響が出てきます。髪の毛に関しては多くの人が「特別」に思っている節があるのですが、体の一部なのですから栄養によって成り立っています。
暴飲暴食を続けて「ハゲた」と悩んでいるのは、暴飲暴食や偏食を続けて「太った」と悩んでいるのと同じようなものです。まずは食生活に気を使ってみると良いでしょう。

・睡眠時間

睡眠時間もとても大切です。人間は睡眠によって体を休ませられます。睡眠不足の時にはどうしてもイライラしてしまったり、自分自身ではいろいろな事を考えているものの、なかなか体が思うように動かないケースもあるはずです。
また、睡眠時間が短いと免疫力も低下してしまいますので、病気にもかかりやすくなりますが、抜け毛も増えると言われています。十分な休息が取れていないのですから、抜け毛で悩まされるような事になってしまうのも致し方ないのです。
つまり、ハゲたくないのであれば睡眠時間にも気を付けると良いでしょう。

・育毛剤を使う

これは改善方法としては、しっかりと行った方が良い事です。自然に任せての改善が難しいのであれば、育毛剤に頼るしかありません。
育毛剤など効く訳がないと思っている人もいるかもしれませんが、医療の進歩によって髪の毛、さらには抜け毛のメカニズムも解明されていますので、なぜ毛が抜けるのかが解明されています。
そのメカニズムに沿った育毛剤であれば効果をもたらしてくれますので、効かない事はありません。使い続ける事によって、成果は現れるはずです。

・クリニックに通う

先に毛はメカニズムが解明されているとお話しました。そのため、医療的な側面から抜け毛をしっかりと予防したりケアしてくれる所も増えています。
民間施設ではなく、「医師」がいますので、信頼感は抜群です。当然ですが、「医師」を名乗っている以上、そこには一定の責任感もあれば、逆に患者としては安心感もあるはずです。
民間の抜け毛ケアなどは「効果に個人差がある」をまるで免罪符のように用い、とにかくお客にお金を使わせようとあの手この手でいろいろと行うのですが、医師がいるクリニックの場合、利益よりも「患者の状態改善」こそが命題ですので、足を運んでみるのも良いでしょう。

・かつらを使う

いっその事割り切ってウィッグを使うのも良いのかもしれません。抜け毛であれこれ悩みだすと、余計ストレスになると嘆いている人も多いです。
ですがウィッグを使うと割り切ってしまえば、抜け毛が増えても「ウィッグがある」と気にする必要性はありません。
自分の毛かどうかではなく、とりあえず外見を気にしているのでれば、育毛にこだわらずに、思い切ってウィッグを使ってみるのも良いでしょう。精神衛生上も良いかもしれませんよ。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP