pixta_6148931_M

髪の毛の悩みを解決する5つの方法

年齢と共に、人間の体にはいろいろな変化が出てくるものですが頭髪に関して悩んでいる方、男女を問わずに多いのではないでしょうか。
特に男性の場合、早いと20代で「兆候」が見えるようになってきます。3月4日、日本人発明家のドクター中松氏がアメリカ大統領選挙で奮闘中のトランプ氏に対してかつらを送るというニュースが各メディアで報道されていますが、本当に髪の毛に関して悩んでいる人も多いのです。
かつらよりも、とにかく「自分の髪の毛を」と思う人も多いのですが、実際髪の悩みを解決するためには、何をすれば良いのか。
情報ばかりが錯そうしていますが、どうすれば良いのでしょうか。

自分の髪の毛と向き合う

怖いかもしれませんが、まず自分自身の髪の毛を含めた現実と向き合わなければなりません。髪の毛に関して、どうしても現実を受け入れたくないがために「自分は大丈夫」などと根拠のない自信を持っている人や、「白髪がある人はハゲないから自分は平気」といった都市伝説を真に受けてしまう人もいます。
朝、枕元を見て抜毛がどれくらいあるのか。ブラッシングやシャンプーの際、自分の抜毛がどれだけ出ているのか。これらすべてが自分自身の「現実」ですので、まずは自分の現実と向き合ってみましょう。

クリニックに行く

自己判断だけではどうすれば良いのかの答えは、なかなか見いだせないものです。ですので、まずはクリニックに行くと良いでしょう。
サービスよりも、「クリニック」と銘打たれ、医師や毛髪診断士がいる所の方が良いでしょう。そこでは話を聞いてくれるだけではなく、マイクロスコープで自分の頭皮もチェック出来ます。
現実を踏まえた上で、ではどのような治療を行うのが良いのか。自分に合ったケアはどのようなものなのか。そこまでしっかりとレクチャーしてくれます。自己判断だけではどうしても「解決」は出来ません。
専門家に任せた方が良いのは言うまでもありません。

ストレスが悪化させるケースもある

自分の頭髪がヤバいのではないか…と思い始めると、そこからどんどん気になっていき、不安が増していきます。それがストレスになっていくのですが、ストレスは体に何のメリットも与えません。
むしろストレスのおかげで抜毛や薄毛が加速するケースさえあります。なかなか難しいかもしれませんが、現在では薄毛や抜け毛に関してもある程度メカニズムが解明されつつあります。
決して「不治の病」ではありませんので、そこまで心配する必要もなく、むしろ自覚が早ければ早い程、薄毛の悩みは改善出来ます。どうしても「もう駄目だ」と思ってしまう人も多いのですが、決してそのようなものではありません。
能天気というと大げさですが、「いずれ改善されるだろう」くらいに思っていても何ら問題ないのです。

負担を与え過ぎない

いくら抜毛や薄毛のメカニズムが解明されているからといっても、出来ない物は出来ません。特にツルツルの「ハゲ」になってしまうと、そこから改善させるのはかなり難しいと言われています。
ですので「別に気にする事はない」と思って、抜毛や薄毛で悩みつつあるのに自分で無理に髪を染めたり、髪の毛を痛めつけるかの様に手荒いシャンプーをするような事は控えましょう。
抜毛や薄毛が目立つという事は、髪が弱っている事だけは事実なのですから。

気にしすぎない

どうしてもいろいろと気にしてしまう人も多いのですが、あまり気にしすぎないようにすべきです。それが難しいという声もごもっともではありますが、ストレスになるだけではなく、気にしすぎてかえっておかしくなります。
例えばですが、薄い部分を隠そうとするために、余計おかしな髪型になってしまう人もいます。後退で悩んでいるために前髪を思い切り下ろす。よくある手法ですが、かえって前髪のスカスカ感が出てしまいます。
そのような事にならないよう、あまり気にしすぎないようにしましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP