pixta_10609329_M

独身女性が結婚というゴールに到達するための5つの方法

4月4日、沖縄タイムスに興味深い記事が掲載されていました。森永製菓がいわゆるアラサーの独身女性に対して行ったアンケートではおよそ92%が「一生独身かも」と思っているとの事。
男性は若い女の子の方が好きだという事を分かっているのでしょう。アラサーともなれば人生経験で酸いも甘いもそれなりに経験してきているはずです。若い頃は「若い」というだけでチヤホヤしてくれていた人たちも、それは個性に対してではなく、若いだけでしかなかったのです。後輩が出来ればチヤホヤの対象は後輩に移ります。
結果、自分には何もないと気付かされたり、男は若い女の子が好きなんだなと身をもって知ったり。そのような経験から「一生独身かも」という悩みを抱いているのでしょう。
さらには彼氏さえいないという人も半数近くの48.3%。確かに女性一人でも娯楽が多々ありますし、彼氏がいないからといって寂しい人生という訳でもないでしょう。
それでも結婚をと考えている女性が多いのも事実です。そこで、アラサーの女性が結婚にまで到達するための秘策をいくつか挙げてみるとしましょう。

自分より年上を狙う

同世代ではなく、年上の男性を狙ってみるのも良いでしょう。アラサー女性と同世代の男性からすると自分より若い女の子の方が良いと思う人も多いです。
ですが年上であれば、アラサーであっても年上男性にとっては「年下の女性」になりますので、年上を狙ってみるのも良いかもしれません。
最近は若々しい男性も増えていますので、アラフォーと言われても自分と同世代位に見える男性もいるでしょう。そのような男性からすれば、アラサー女性でも「年下」でありますし、アラサー女性からすれば、年上の男性はまだまだ男としての魅力を損ねていないはずですよ。

夢を見ない

結婚に対して夢を見てしまうのも分からない話ではないのですが、夢を見ても時間が過ぎていくだけです。
ある程度は妥協し、結婚を「夢」ではなく「現実」と捉えるべきでしょう。若い時に夢を見るのは仕方ないかもしれません。
ですが、それなりに人生経験を積んできているのです。夢というのはあくまでも夢だと自分に言い聞かせる事も大切になってくるのではないでしょうか。

選り好みしない

結婚を真剣に考えているのであれば、選り好みしている場合ではないのだと気づくべきです。「もっと良い相手がいるかも」と思ってしまうのも分からない話ではありませんが、結婚したいのであればある程度妥協もすべきです。
先にも少し触れましたが、男性にとっては若い女の子の方が好みなのです。つまり、アラサーともなると男性のニーズから微妙にずれつつありますので、自分が選ぶ側ではなく、選ばれる側になりつつあるのだと知っておかなければならないでしょう。
自分に好意を寄せてくれた人に対して無碍な態度を取るのは得策ではないという事です。

年齢を相対的に考えよう

自分自身だけで考えると、「周囲より若く見える」「まだまだ大丈夫だろう」と思ってしまう女性も多いのですが、自分だけで考えるのではなく、「世間の中の自分」として考えてみましょう。
客観的に、アラサーの女性を選んでくれる男性はどのような層なのか。自分自身に特別な才覚や魅力があれば話は別ですが、ごく普通の女性であれば、年齢相応なのかどうか。じっくりと考えてみましょう。

自分を選んだ男性が後悔しない存在なのか考えよう

少々手厳しいかもしれませんが、自分と結婚した時、相手が「良かった」と思える存在なのかを考えてみるのも良いでしょう。
これを心がければ、自分自身の足りない部分も見えてくるはずですし、足りない部分は補おうという気持ちも現れるはずです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP