gf1940296819l

車を購入すべきかで悩んでいる…

自動車を購入すべきかで悩んでいる人、多いのではないでしょうか。「自動車離れ」なる言葉も定着しつつある昨今、購入するよりもレンタカーやカーシェアリングなど、「必要な時だけ借りる」という手法の方が賢いとも言われています。
確かに、車を保有するとなれば車体価格だけでも決して安くはありませんが、更に維持費までかかります。税金、保険、駐車場料金にガソリン代。
果たしてそれらを支払ってまで保有する価値があるのかという疑問を抱いている人も多いでしょう。事実、4月14日の「BLOGS」にで、「若者が車を購入しない理由」が記事となっていました。1位に輝いた理由は「買わなくても生活が出来る」というものでした。
都心部の交通インフラであれば、自動車を持つ意味があまりないと感じるのも分からない話ではありません。
ですが、それでも自動車を保有するメリットがあるのも事実です。とにかく悩みに対して答えが出ないという人に、いくつかの角度から提言してみるとしましょう。

ライフスタイルを考えてみる

まず、自動車が本当に必要なのかはライフスタイルで考えるべきです。週末だけしか乗らないのであれば、借りるという手法でも良いのかもしれませんが、自動車は実用性だけを求めるものではありません。
たまにはドライブを楽しむのも全然OKです。
仮にですが、毎週末レンタカーを利用するとなれば一か月で数万円はかかるでしょう。レンタカーとてガソリン代がかかります。また、いつでも好きな時にとはいきませんし、保有していれば「持っているのだし」となりますし、ちょっとした事にも使えます。
これらをトータルで考えてみてはいかがでしょうか。

安い物だってある

自動車は維持費が高いと言われている一方で、軽自動車のようにそこまで高くはないものもあります。
軽自動車でもお洒落な物も多数登場しています。S660のようにオープンカーまで登場。税金も安いです。また、ハイト系と呼ばれているタイプの軽自動車であれば積載性・居住性も抜群で、並の普通自動車よりも広い物まであります。
特に自動車に対してこだわりはないものの、便利なので自動車くらいは持っておきたいと考えているのであれば、軽自動車という選択肢も視野に入れてみると良いかもしれません。

冷静にコストを計算してみる

例えば先にレンタカーを毎週かりたとしても月々数万円だとお話しました。
一方、保有するとなれば車体価格だけではなく、税金がかかります。保険、駐車場代金。これらを計算してみると良いのではないでしょうか。
もしもですが、月々40,000円だとすれば、3年でおよそ144万円になります。もちろんそこには「予約がいっぱいだと使えない」という制約もあります。
仮にですが、保有するとなればどれくらいかかるのか。150万円の車を購入した場合、その後の計算がどうなるのか。
値段だけで考えればレンタカーの方が断然安いのですが、使用頻度によって価値も変わります。それらを冷静に、トータルで考えてみると良いかもしれません。

あれば乗るという考え方もある

自動車を保有していない段階であれこれ計算しても、いざ保有すればついつい乗りたい気持ちになるのも事実です。
お金はかかりますが、何をするにしてもお金はかかるものです。結局はお金の使い道が車になるというだけなのかもしれません。
ですが、自動車には実用性があります。例えば子供や親の送迎、大きな買い物など、車がある事で可能になるものもありますので、迷っているのであれば、買ってからどうにかするという手法もありなのかもしれません。
お金がかかるとはいえ、実用面だけで考えれば「あって困る」という事はないはずです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP